伝統の技術と瑞々しい
感性が出会った
「持ちたくなるお念珠」

日常生活にも取り入れたい新感覚のお念珠

これまでにないデザイン性の高さや色合わせで
持ち歩きたくなるお念珠が登場。

悲しみの場ではもちろん、お守りとして
日常生活にも取り入れたい新感覚のお念珠と、
素敵な座具をセットでお届けいたします。

ラインナップ

ひいらぎのお念珠、こだわりのラインナップ。珠種の例:縞黒檀(上素挽)、藤雲石、レッドアベンチュリン、ホワイトオニキス、水晶、サーペンティン。
房は絹100%で、専用の桐箱に入れてあなたのお手元にお届けいたします。

  • お念珠

    全7種。元来片手念珠には色の組み合わせのタブーは殆どないということを、長らく念珠に携わってきた専門の方にお伺いし、今回の組み合わせが生まれました。
    座具とのおすすめカラーコーディネートもぜひ参考にしてください。

  • 座具

    全3種。座具とは、読経の際などに数珠を置いておくときに敷いた数珠のための座布団のことです。普段使いしやすいよう綿生地でリバーシブルの座具を作りました。(※お写真は両面を確認いただくために2枚置いております。実際のお届けは1枚となります。)

  • 専用ケース

    桐箱は過度の湿気・乾燥の水分調節をしたり、防虫効果を発揮して中のものを守るとても優秀な保管箱です。天面にデザインされている柄は、お釈迦様が悟りを開いたときに居たといわれるインドボダイジュをモチーフにしております。


和美人百貨店 ひいらぎのお念珠ラインナップ&珠石の意味

  • 「曙」レッドアベンチュリン「曙」は、鮮やかなレッドアベンチュリンの珠に、涼やかな縹(はなだ)色の房を合わせた、上品な個性を感じるひと品です。 珠石:レッドアベンチュリン 意味:直観力、気づき、疲労回復、感情の解放

  • 「虹」 藤雲石「虹」は、アメシストよりも淡く乳白色を含む籐雲石の珠に芥子色の房という落ち着きのある洗練された組合わせ。 珠石:藤雲石 意味:誠実・心の平和

  • 「浮葉」 サーペンティン「浮葉」は、さわやかな薄いミントグリーン色のサーペンティンの珠に、同系色の房を合わせ、上品でやさしい印象に。 珠石:サーペンティン 意味:旅立ち・再生

  • 「御簾」 水晶「御簾」は、水晶の珠と紫紺の房という正統派。まるで御簾(みす)越しの景色のように、水晶を通る中糸の色も楽しめます。 珠石:水晶 意味:誠実・完璧・沈着冷静・神秘的

  • 「雪」 ホワイトオキニス「雪」は、美しい乳白色が目を引くホワイトオニキスの珠と深い鉄紺色の房を組み合わせ、凛とした印象に。 珠石:ホワイトオキニス 意味:成功・夫婦の幸福・厄除け・秘密

  • 「紅梅」 縞黒檀「紅梅」は、縞黒檀を削り出した珠と淡いピンクの房がシックで奥ゆかしい印象です。使い込むほどに美しい艶感に。 珠石:縞黒檀 意味:厄除け・魔除け・精神安定

  • 「庵」 男性用 縞黒檀「庵」は、使い込むほどに風格を感じさせる縞黒檀を削り出した少し大きめの珠に、同系色の茶の房。男性にもお薦め。 珠石:縞黒檀 意味:厄除け・魔除け・精神安定


選べる「座具」とのおすすめカラーコーディネート

「和美人百貨店」では、お念珠専用の”座具”(お念珠置き/持ち運び袋兼用)を3種のカラーからお選び頂けます。

  • お念珠「曙」
    ×
    座具「ミント」

  • お念珠「虹」
    ×
    座具「カーキ」

  • お念珠「浮葉」
    ×
    座具「ラズベリー」

  • お念珠「御簾」
    ×
    座具「ラズベリー」

  • お念珠「雪」
    ×
    座具「ミント」

  • お念珠「紅梅」
    ×
    座具「カーキ」

珠石に使われる「石」の持つ意味

ひいらぎのお念珠に使用されている珠石の持つ意味をご紹介。お選びになる際の参考にしてください。

お念珠と座具の
組み合わせを選ぶ

別売りで「ふくさ」もご用意いたしました。 3色ともに慶弔療養できる「念珠入れ付きふくさ」もご用意いたしました。西陣織の無地感覚の粋な織り地を用いたふくさは、上品でスマートな印象です。

詳細はこちら

きものSalonコンセプト‐もっと素敵な装い提案一枚のきものをどう着るか。
同じきものを、きりっと着たり、はんなり着たり、
お母さんが着たり、娘さんが着たり、結婚式に着たり、お茶会に着たり…
帯合わせと小物コーディネートできものワールドが広がる、
それこそがファッションとしてのきものの醍醐味です。
本誌では、装いのアイデアやコーディネートのコツを展開。
また作り手の現場取材から作品に込められた思いをお届けしています。
着付けや仕立て、和髪などの周辺情報も含め
あなたの明日のきものライフをもっと素敵にする
「きもの総合ファッション誌」。
読めば思わず振り返られるようなきもの姿美人に!

PAGE
TOP