5% OFF会員様限定クーポン配信中詳しくはこちら

和美人百貨店よりお得なクーポンをプレゼント
下のクーポンコードをお買い物の際に記入してください。

クーポンの入力は最終確認画面より入力してください。

※当クーポンの利用はお一人様1回限りとなります
※ご利用期限:2017年12月1日~2018年1月31日

  • 1
  • �t�F�C�X�u�b�N�ŃV�F�A����
  • pinterest�ŃV�F�A����
  • �c�C�b�^�[�ŃV�F�A����
  • ���C���ŃV�F�A����

冠婚葬祭のマナーQ&A

ご祝儀袋の書き方、袱紗のたたみ方、知っておきたい冠婚葬祭のマナーにお答えします。

ご祝儀を入れる金封は?
結婚祝いは鮑結びまたは結び切りの水引を選びます。
ある茶事でのこと、立派な金封が良いだろうと、お礼の金封の水引を結び切りにしてきた方がいました。結び切りは、人生で一度だけあるべきに使うもので、添い遂げようとする二人の婚礼にこそふさわしいものです。何度も招待されたいと思う祝い用には不向きな結び方です。
実際に鮑結びや結び切りは、固く結ばれてほどけない結び方です。結婚式には折り熨斗がついた金封に金銀・紅白の水引を鮑結びや結び切りにします。宝船や亀の水引細工がついていたり、和紙を使ったものなど、デザインもさまざま。極端に立派すぎると、中身の金額が多いことが想像されます。気張らず、金額や気持ちに合わせた金封を選びましょう。
蝶結びは、婚礼以外の何度あってもよい慶事に使います。蝶結びは、ほどけば何度でも結び直せる結び方です。賀寿の祝い、入学祝い、記念パーティーなどの祝い事に使います。

結婚のお祝いの水引は鮑結びで

新郎新婦の門出をお祝いするときは、和紙に金銀の水引を鮑結びで結び切りしたものが基本です。

車料・寸志は結び切りで

来賓への車料、お手伝いの方への寸志などにも婚礼の際には結び切りの金封を使います。

人生の節目の祝いは蝶結びで

誕生から長寿の祝いなど繰り返しあっても喜ばしい祝い事には、花結び(蝶結び)の金封を使います。

金封の名前の書き方

金封はフルネームで。結び目下に一字分あけます。
右から目上(上司)の順に名前を書きます。
左上に宛名を書いたときは、左から目上の順に。

目次へ戻る

葬儀や告別式の金封は?
水引は黒と白、黄色と白で鮑結びや結び切りを使います。
人生で一度きりのことといえば、婚礼のほかに今生との別れです。故人を偲び、生前のご厚誼への感謝の気持ちを供えるのが香典です。葬儀や年忌法要、宗教や地域によっても使う金封が違います。
弔事の場合は熨斗はつけません。水引には黒白、黄白、双銀などがあります。表書きには仏式には御香奠が基本です。告別式をすませたのちや、年忌法要などは「御仏前」を使います。地域や宗派によっても表書きが違うので注意が必要です。
神式では、黒白、双白、双銀の結び切りの水引で、表書きを「御玉串料」、「御榊料」とします。またキリスト教では、「御花料」が一般的で、水引がなくてもよいものです。葬儀が仏式か神式か、あるいは他の宗教かわからないときは、「御霊前」とするのが無難といわれています。
水引の色をはじめ、習わしは地域によっても違いがありますので、ご注意ください。

黒白の水引で鮑結び
御香奠

仏式の通夜、告別式で用いる仏式の金封です。宗派のわからない葬儀のときにも使います。

黄白の水引で鮑結び
関西地方の金封

昔からの習わしで黄白の水引を。宗派によりすぐに御仏前の表書きをすることもあります。

キリスト教式は
御花料

水引はあってもなくても。淡い色の花が描かれたものもあります。

黒白の水引で鮑結び
御仏前

すでに仏さまとなった故人にむけてのお供えなので、納骨後、年忌法要などに使います。

白の水引で鮑結び
玉串料

神式の葬儀の表書きは、「御玉串料」「御榊料」とします。

仏教宗派が不明なときは
御香料

御霊前、御仏前を使えない宗派の葬儀にも。金封/すべて東京鳩居堂 銀座本店

金封の折形

基本的な慶事の金封は、折りたたんだ和紙の上に小さな熨斗鮑が折り熨斗(小熨斗)としてついています。たとうの中には中袋を入れて金銀または紅白の水引をかけます。弔事では折りたたみ方が違い、熨斗はつけません。

【祝儀】

天空に昇る龍のめでたいイメージで、慶事用は金封を下側が上にくるようたたみます。

【不祝儀】

悲しみで頭をたれるイメージで金封を下側が下にくるようにします。

目次へ戻る

金封は手渡ししますか?
袱紗を使うのが大人のマナーです。

祝儀袋は、相手に対する礼節を重んじて袱紗に包んで持ち歩きます。受付で袱紗を正面に向けて開いたら、祝儀袋を時計回りに回して、相手のほうに正面を向けて差し出します。その際に自分の立場と名前を告げて、「おめでとうございます」と一言添えましょう。
贈り物をするときの略式の方法です。自宅などを訪ねてお祝いするときなどは、扇子に載せて渡すこともあります。

  • 袱紗で包んで持ち歩くことで、金封に汚れがついたり水引がずれるのを防ぐことができます。
    実用的で重宝します。

袱紗の包み方

【祝儀用】

袱紗の中央よりやや左に正面を向けて置き、向かって左から折ります。
金封に沿って、袱紗の端の角を上から下に折ります。
金封の下の面に沿って、下の端の角を、上に折ります。
金封の右端に沿って、最後の端を右端から折って、後ろに折り込みます。

【不祝儀用】

祝儀のときと同じく中央よりやや左に金封を置き、左端を折ります。
ここから祝儀とは違い、先に下の端を金封に合わせて、上に折ります。
頭を垂れるイメージで端を折ります。金封に沿って折るように注意します。
ずれないように、右から左の端に折り込みます。この形が袱紗の正面。

目次へ戻る

家紋はいつから生まれたのですか?
平安時代にお印が生まれました。戦国時代から家紋として広まりました。

伝えられるところでは、平安時代に貴族が乗っていた牛車ほか家具や調度にその人のものとわかる印、文様をつけたことに始まったといわれます。
貴族の世界だけに存在していた紋が、広く武家にまで行き渡ることになったのは、戦国の世です。
鎌倉時代から室町時代になると、武家は戦場で敵と味方を識別する必要から、幟旗や幕、武具にも紋をつけるようになりました。形も大きくなり意匠化が進み、やがて主家から一族郎党へと急速に広まっていきます。江戸時代になると、家紋は庶民にも広まり発展していきました。
家の象徴である家紋は、長い歴史をくぐり抜けて、洗練された日本のかたちとして伝えられています。

  • 家紋としては、戦国時代に武家から広まりました。

目次へ戻る

装いのフォーマル度は何で決まるのですか?
家紋ときものの文様、帯の文様とクオリティです。
礼装になると、家紋さえついていれば格が高いと思いがちですが、どんな柄のきものであるか、どんな帯であるかなどを総合的に考え、フォーマル度を上げていきます。たとえば絵羽の訪問着に一つ紋をつけて、略礼装として着ようとします。それが吉祥文様であれば、フォーマルらしいきものになりますが、選んだ柄がクリスマス柄などの季節の文様だとしましょう。そこには格という概念が存在しないので、フォーマルとはいえません。また、いくら袋帯だからといって、趣味の柄の帯ではちょっと違います。
その点、黒留袖・色留袖という染め抜き日向五つ紋付きの絵羽のきものは、きものだけで「染め抜き日向五つ紋」「絵羽」「吉祥文様」で最高のポイントを持ち、正礼装とみなされているのです。

目次へ戻る

男性の礼装はどんなものなのでしょうか?
慶事も弔事もいっしょの黒紋付き羽織袴です。
結婚式で見る花婿の黒地の羽織袴姿を思い浮かべてください。これが男性の正礼装です。黒地の羽二重の長着(きもの)と羽織に、袴は縞柄の仙台平を用います。家紋は染め抜き日向五つ紋です。花婿だけでなく、父親や仲人、伯父(叔父)の立場も同様の装いです。これは弔事の葬式、告別式でも着る喪の正礼装です。喪服は地域により違いもありますので、誂えるときには注意してください。
なお羽二重の長着には、慶事弔事にかかわりなく、白の比翼をつけていましたが、現在は、弔事には白の比翼をつけません。

目次へ戻る

訪問先での草履の脱ぎ方は?
脱いでから向きを正します。
立ち居振る舞いのマナーは、きものだけに限らないことが多くあります。大人のたしなみとして身につけておきましょう。
お礼や挨拶で知り合いのお宅に伺ったときの玄関口でのマナーは、ひとつがコートを脱ぐタイミングです。玄関に入る前に脱ぎ、たたんで手に持ちます。
もうひとつのマナーは、草履の脱ぎ方です。室内のほうを向いた状態で草履を脱ぎ、上がってから膝をついて草履の先をドア側に向けるのが正しい脱ぎ方です。帰るときに楽なようにと、室内のほう(出迎えた方)におしりを向けて上がるのはマナー違反です。困ったことに意外にもよく見かける仕草です。
茶会などでは、道中はいてきた足袋を、茶室、広間に入る前にはき替えるのがマナーです。
草履が脱ぎやすいよう足を鼻緒から少し抜いておきます。
右足からゆっくり上がります。
一度姿勢を正してから体の向きを変え、鼻緒を持ちます。
上がってから、草履の向きをドアの方向に変えます。

目次へ戻る

座布団の座り方は?
座布団の上に両足で立つのはマナー違反です。
この頃は、座布団の座り方を知らない方が多いのではないでしょうか。欧米化で椅子の生活が多くなったからかもしれません。
部屋に通されて、まず座るところに案内されたら、座布団の脇に正座します。できれば下座のほうに座るのがよいでしょう。座布団に近づき跪座して(ひざまずいて)、片膝ずつ座布団にのせて、正面を向き、座ります。尻をかかとにのせることはあっても、座ったり立ったりすることはありません。案内された座布団に立って、改めて正座するというのは美しいものではありません。
座布団に近い膝をのせてから、もう一方の膝を引き寄せて。
座布団の上に両足で立ってから座ることは、マナー違反です。

目次へ戻る

和室での上座の見分け方は?
床の間に近い席が上座です。
応接室や広間に通されたときに、どの順番で座ったらよいか、皆さんよく迷って、明らかに下座と思われるところに集まってしまっていることが往々にしてあります。これは遠慮のしすぎです。
訪問先であわてないように知っていただきたいのが、上座と下座の見分け方です。床の間があればそこを背にして座る席が一番の上座です。そこから次に床の間に近いところが二番目の席となり、最後に床の間に向かって座る場所が、一番下ということになります。その家の主人はここに座ります。床の間がない場合は入り口から一番遠いところが上座となります。
左図の1が最も上座です。主となる席に近い席が2です。図のように脇床があるときには間違いやすいので、注意が必要です。席には主人にすすめられてから座ります。

目次へ戻る

「フォーマル着物装いの手引き」書籍のご紹介きもの専門誌「きものsalon」が提案してきた、おしゃれなフォーマルきものの手引書結婚式、七五三、入学式、卒業式そして喪のきものまで、冠婚葬祭のきものの常識と現代的なコーディネイトの提案。一家に一冊のきものの装い決定版です。

PAGE
TOP

和美人百貨店よりお得なクーポンをプレゼント
下のクーポンコードをお買い物の際に記入してください。

クーポンの入力は最終確認画面より入力してください。

※当クーポンの利用はお一人様1回限りとなります
※ご利用期限:2017年12月1日~2018年1月31日