• �t�F�C�X�u�b�N�ŃV�F�A����
  • pinterest�ŃV�F�A����
  • �c�C�b�^�[�ŃV�F�A����
  • ���C���ŃV�F�A����

紋の種類

黒留袖・色留袖といった正礼装には、必ず背中心、両外袖・両胸に一つずつ、計五つの染め抜きの家紋をつけます。紋の中をすべて白く抜いた最も格の高い日向紋にします。
黒留袖は、あとから家紋を入れるためには石持という丸く染め残した部分に、紋所を染めます。色留袖の場合は、紋の形に色抜きして、紋所を入れます。
もともとは、振袖にも紋を入れていました。絵羽模様の訪問着も紋をつけると、格が備わります。紋の数は、立場や地域により違いがありますが、略礼装には三つ紋か一つ紋をつけます。色無地も同様です。いろいろな機会に着たいときには、一つ紋がよいでしょう。社交のきものとして着るときには、刺繍紋でもかまいません。

  • 加賀紋は染めでも刺繍でも洒落紋です。

丸なしの染め抜き日向紋

留袖に使うことが多い紋の表現方法です。紋の形を線で表し、中はすべて白に染め抜きます。
写真◇揚羽蝶

丸に染め抜き日向紋

家紋には丸のついたものもあります。中の紋は日向紋なので、白く染め抜きます。
写真◇丸に五三の桐

繍いの陰紋

色糸で紋の形を刺繍した表現です。正礼装には陰紋は使いません。訪問着や色無地に。
写真◇陰丸に沢瀉

丸なしの染め抜き日向紋

色留袖や訪問着、色無地に染め抜いたときの日向紋は、黒留袖よりもやわらかな印象です。
写真◇酢漿

染め抜き陰紋

陰紋は留袖には使いません。訪問着や色無地を社交着として着るときにはふさわしいもの。
写真◇酢漿

繍いの日向紋

繍い紋は訪問着や色無地といった略礼装につけます。一色や暈しなど表現に洒落感が。
写真◇丸に酢漿

「フォーマル着物装いの手引き」書籍のご紹介きもの専門誌「きものsalon」が提案してきた、おしゃれなフォーマルきものの手引書結婚式、七五三、入学式、卒業式そして喪のきものまで、冠婚葬祭のきものの常識と現代的なコーディネイトの提案。一家に一冊のきものの装い決定版です。

PAGE
TOP